警察表彰・データ復旧特許・研究開発賞
NHKクローズアップ現代や新聞各紙も
データ復旧の達人として取材
プロが選ぶ【大阪データ復旧】
アイフォレンセ日本データ復旧研究所(株)

関西初のデータ復旧専門会社である当社「大阪データ復旧」は、梅田・大阪駅前にありデータ復旧エンジニアも常駐しています。お客様が機器をお持ち込みいただく受付窓口のその奥には、クリーンルーム完備のラボ設備があります。認識しないUSBメモリやHDD故障で起動しないNASやファイルサーバの緊急対応にも、その場で着手し最短即日データ復旧も可能です。

お客さまの声

スピード・料金・安心のデータ復旧サービス

HDDの分解・ヘッド交換用クリーンルームも完備
データ復旧スピード対応もご相談ください!

急いで大至急データが必要?おまかせください!故障したHDDやSSDの物理障害と、消えてしまったファイルやフォルダの論理障害の両方に対応する設備を自社内に備えています。データ復旧エンジニアも常駐し、クリーンルームでの磁気ヘッド交換も即日着手可能です。スピードが求められるデータ復旧なら、どうぞラボ併設の大阪データ復旧へ直接お越しください

料金を支払う前に、復元ファイル(写真、文書、データベース等)を確認できます!

他社のデータ復旧サービスをご利用になられたお客様から「料金は支払ったが納品されたファイルは復元されていなかった。ごみデータばかりで悔しい」というご相談が毎週のようにあります。でも、大阪データ復旧なら大丈夫です。お支払いの前に、復元ファイルを点検できます。ファイル名リストだけではなく、お支払い前に実際にファイルが開くかどうか復元具合を確認できます。ご自身の目で見て、安心して、納得してからのお支払いです。

安心して任せられるデータ復旧会社をお選びください!

実はメーカー製パソコンには、弊社のデータ復旧技術が応用された機能が搭載されはじめています。それはデータを消すための機能です。パソコンメーカは、自社の消去機能が充分であることを確認するために、弊社が消去処理後の媒体を検証し、データの復元ができないことが証明されると、その消去機能は充分であることが認められるというしくみです。データ復旧ニーズとは真逆ですが、データ消去検証を担うことはデータ復旧技術の高さと信頼性がパソコンメーカにも認められているものと自負しています。

パソコン及びサーバ搭載のメーカ純正消去機能・当社の検証実績
  • Panasonic株式会社 様
  • 日本電気株式会社(NEC) 様
  • 富士通株式会社 様
  • VAIO株式会社 様
  • ネットアップ合同会社(NetApp) 様
  • レノボ・ジャパン合同会社(Lenovo) 様

以下のページでは、取り組みの一環がイラスト付きで(法人名:アイフォレンセ日本データ復旧研究所(株)として)紹介されています。

DF証拠復元・デジタルフォレンジック調査

消えた証拠データの復元・裁判用資料作成
DF証拠復元

会社内での不正事案や、すでに訴訟に着手されている場合など、削除されたメールの復元や、法的に有効となる証拠データが必要な場合には、デジタルフォレンジック調査をご検討ください。お急ぎかとは存じますが、適切な順番を経なければせっかくの証拠を活用できなくなることもあります。まずは相談会で丁寧にご説明いたします

不正調査DF:情報漏えい・データ持ち出し

不正調査の多くは、営業資料の持ち出しや転職に伴う機密データの不正コピーです。初めてご相談くださる際には、詳細についてお話ずらいかもしれませんが、相談会の前に秘密保持契約を締結いたしますのでご安心ください。なお、データの持ち出し方法やタイミングにはある程度傾向がみられます。また全く無関係に思えるデータが、実は大切な証拠になることもあります。デジタルフォレンジック調査は解析技術だけでなく、調査の進め方も重要であると認識しています。

労務問題DF:元従業員からの未払い残業代請求やハラスメント

労務問題の原因や経緯の解明にもデジタルフォレンジック調査は有効です。就労実態の解明やいやがらせの証拠集めなど、さまざまな角度から情報を収集します。ご家族を亡くされたご遺族や、ハラスメント被害者ご協力いただきながら調査を進めることなどもあります。各事案において関係者の皆様のお力になれるよう全力で調査に臨みます。デジタルデータの解析結果が、解析者によって変わるのはなぜか。相談会でご説明いたします。

Topics